家族書斎?名もなき部屋「フリースペース」 現代的フリースペースを考察

家族の書斎について補足しておきたい、わたしあずです。
こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(暮らしの設計士)東沙織です。 今日は最近増えているこちらの事例を考察します。

 

名もなき部屋『(仮)家族のための書斎空間』

家族の書斎

家族の書斎

コロナの第三波が来ているとか、そんなニュースが世間を騒がせていますね。緊急事態宣言におびえる日々。 完全テレワーク化したお施主さまも…わたしも周りにはいます。 こちら田舎であっても。

これからますます、『おうちでワークができること』って求められていますよね。ワークというのは『学校から持ち帰った課題やオンライン授業』『社会人にとっても仕事』など、幅広い意味で、自宅をワーク化できることって 急務で求められていると痛感します。

 

 

書斎はパパだけのものではない。

家族書斎

家族書斎

 

書斎というのは、20年ほど前は、『男のロマン』的なる感じで計画されることも…よくありました。 とはいえ、今の時代の書斎は『家族みんなのためのもの』という視座が大切ですよね。

1階のLDKを少し小さめに(15帖以下)にして、延長線上に『家族の書斎』『ファミリー書斎』を計画されたい方が微増中です。わたしの元にも。

 

 

とはいえ、課題もある。

家族団欒とは別の空間に、『家族の書斎』があるとする。中には「15帖以下のLDKなんて狭いいやだ(笑)」というご家族もいます。汗

そうなると、、、希望される広さのLDK+『家族の書斎』ということで、25帖近く膨れあがる床面積になることも…しばしば。。。そうして早急に現実に戻られるご家族。汗)

 

ますます巨大化する1階。。。もちろん法律や予算が叶うなら、計画したいもかと思いますが、法律や予算がかなわない場合は、無理に別室化する必要もありません。

いつだって、『どの時代を優位にするか』で考えてみると、フッと冷静になれるはずです。落ち着いて、未来に考えを馳せてみてくださいね( *´艸`)

 

 

【追記】主さんからコメントが…!

研究室のある家

研究室のある家

一般のコメント欄へ書き込みいただきました。( *´艸`)感謝です。

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中