あえての建替、その心は。

今日は最近ご相談で相次いでいる『あえて〇〇な暮らし』についての考察です。

こんにちは!暮らしの設計士 ひまわり工房  伊藤(東)沙織です。

2024年は『あえて〇〇な暮らしがしたい』というご相談依頼が重なり、その心を深く考察することが度々ありました。

あくまで、相談者さんの諸事情は様々ありますし、決定的な個人情報は守る義務があるため、ブログでは抽象的な表現しかできません。

ですが、ぜひじぶんに置き換えて 1つ考えてみるきっかけになれば幸いです。

家づくり

『あえて』シリーズは3つの事例構成で、今日は1例目のお話です。

 

 

 

[事例1]両親から譲られた家、だけど害虫(害獣)駆除に頭を痛めている

害虫被害

1つ目の事例は、築年数が30年程のお家にお住まいの方からのご相談。

最初、私が相談を聴いた時、『リフォーム』の選択肢も頭をよぎりました。まだ現役で使えそうな旧宅の何に困っているのか・・・

『軒先~屋根裏に繁殖する害虫(害獣)』でした。恐らくハクビシンやコウモリの巣穴になっている様子で、言葉を選ばずいうならば「なんて気の毒なんだ…」という具合。

害虫(害獣)問題は、当事者は痛いほどわかると思うのですが、中々厄介で。駆除や対策をしても・・・言葉まさしく『イタチごっこ』状態。

完璧に害虫(害獣)を阻止することは難解でもあり、費用負担も膨大になる傾向です。

 

 

 

「悩みの大部分から解放されるならば、建替も視野に入れています」

お施主さまからそう聴いた時、私も大いなる覚悟を感じ、スピード感をもって設計に移行していきました。

現代の家というのは、良くも悪くも隙間が少ない構造仕様をしています。今回は瓦なども使用せず、外的環境からの鳥獣侵入にも配慮しました。

ただし、コウモリやツバメなどの類の生き物というのは、元々居場所だったエリアをよく覚えているもので。建替をし終えたあとに再び来訪する可能性はあります。(本当…生命本能というか賢いですよね。。)

家の悩み

ただし万一、コウモリなどが来訪したとしても、建物自体を平屋にするなど、手に届く高さの範囲であれば まだ比較的駆除の手は及びやすいものです。

お引越しはまだこれからですが、新たな暮らしが『害虫(害獣)問題から解き放たれる』だけではなく、『あえて建替をしてよかった』とそう強く実感してもらえますように。

私たちチームひまわり工房では、本質的に大切な『ご家族の宝物・財産』を守って差し上げたい思いです。

 

 

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

友だち追加
↑ こちらを押すと、ひまわり工房が登録できます。

投稿者プロフィール

伊藤 沙織
伊藤 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中