中庭のある家は家相的に『凶』なのかを、考察します

家相について考えている、私、あずです。

こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(広報 設計士の)東沙織です。今日はたまに質問に挙がる家相や鬼門についてまとめてみます。

 

 

こんな質問がありました。

家相のご質問

家相のご質問

ふむふむ。 まずは「そもそも家相や鬼門ってなんなんだ?」という方のために、前提条件としてお話しておきます。

 

 

 

そもそも家相や鬼門が誕生した理由

奈良時代以降、中国から伝来し、日本独自で発達したものといわれています。 診療や医学が発達していない当時の日本で、予防的考え方や疫病まん延対策ような考えに基づき、今に至った説が有力です。

家相 鬼門

家相 鬼門

例えば、朝は明るい太陽光を居住空間に入れて、風がしっかりと抜け、湿気がこもらないように配慮した間取りといった具合です。 当時は、現代のような効率的で機械的な対策はできず、間取りがとても重要だったことを思わせます。

家相イメージ

家相イメージ(赤線上に水や玄関が入らないように避けたりします。諸説有)

家相や鬼門というのは、『自然力を最大限有効に活かす術』だったんですよね。

 

 

 

計算された現代住宅にとって、家相の必要性とは

家相 図面

家相を意識して検討した図面(張り欠けは想定除外)

一方で、現代の住宅は高気密高断熱住宅。 採光や換気数値も法律で決まっています。昭和時代までのように『長屋だから奥まで光や風が抜けなくて湿気がこもりやすい家』なんて考えにくいのが…正直な見解です。。

家相自体の考え方は合理的です。 ただし、何もかも過不足なく家相に基づく間取りに反映させようとすると、わりとハテナな家になりがちです。。そういう家族をいくつも見てきました。

現代の住宅に暮らすにあたっては、家相を100%反映できなくても、心地よく暮らすことはできます。そこを理解したうえであってもなお 心理的に不快感があれば、家相に合わせていってもいいと思います。

わたしは『どこまで家相を気にするのか』が重要かなと考えています。『100%まで反映できなくてもいい』という心を持ち合わせておくことが大切だなと。

 

 

どこまで許容できるのか

  1. 抜本的に家相重視の間取りでないとイヤなのか
  2. 玄関だけ家相重視の間取りに変えることでOKなのか
  3. 水回りだけ家相重視の間取りに変えることでOKなのか
  4. 方位御札や盛塩などをまつることでOKなのか
  5. そもそも、気にしないのか

気にする方だとしても… 4の『方位御札や盛塩などをまつる』 こちらで納得されて建築される方も多いです。

 

 

中庭の家は、凶に滅される運命なのか!?

周囲をぐるりと建物に囲まれる『中庭のある家』は、屋根からの雨水排水計画が複雑化する場合もあります。 その結果、湿気が中庭にこもりやすくなってしまっては、、、マイナス空間ですよね。。

昔の人たちのいう…『湿気や陰気がこもる空間は凶』という意味においては、『中庭=凶』という見解も理解はできます。一応。。

とはいえ、中庭があれば道路からものぞき見られることなく、本当の意味で他人を気にせずに窓を開けられそうですよね。(気持ちよさそう!)

そうやって、家族がのびのび『中庭とポジティブに付き合っていける』のであれば、その家族のどこに凶が宿るというのでしょう。 むしろ令和時代に生きるわたしたちにとっては、『庭』や『中庭』の存在って…家のなかでも『吉が宿る空間』ですよね。

 

現代において中庭をつくるのであれば、『雨水排水計画が適切な、じっとりしない中庭』という点をクリアしていれば… 吉空間と理解していいのではないでしょうか( *´艸`)

 

 

 

さいごに個人的な見解をポロリしますと。。

(異論反論受け付けません…汗)

家相を全く気にしないご家族が、長年とても幸せそうに暮らしておられる(そう見える)姿をみると…… 家相うんぬんというよりは、暮らしへの許容範囲が広い人はある意味で幸せそうだなと。

『知らぬが仏』とはよくできた 納得できる言葉だなと思います 本当に( *´艸`)

 

 

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

友だち追加
↑ こちらを押すと、ひまわり工房が登録できます。

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中