西向きの土地を購入するか迷っています。西日と上手につきあうには?

西向きの土地について考えている、私、あずです。

こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(広報 設計士の)東沙織です。今日は西向きの土地のメリットデメリットについてまとめてみます。

 

こんな質問がありました。

(以下質問者さん)
いま気になっている土地が[北東西道路の角地]です。住宅地なので、南側は他人の家の背中側になります。

西日を恐れるものの、西側には緑があり、桜も咲きます。(景観が良いので)西側に窓をつけたいけれど西日が気になってしまい、決断ができません。 西側の窓は必要ないものですか?

ふむふむ。簡略図で表すと、(下記)こういうことでしょうか。 細かな距離や大きさ、方角などの情報はないため、細部は反映していません。建物配置は可能性としてありそうなものを3つ挙げてみました。

↓↓↓

車や人の出入りは北側を利用。
車や人の出入りは北側を利用。
車や人の出入りは東側を利用。
車や人の出入りは東側を利用。
車や人の出入りは西側を利用。
車や人の出入りは西側を利用。

東西に抜けられるような『車の流れ』をつくることができて、駐車がラクな印象の土地ですね。 一方で、四方向それぞれプライバシーへの配慮がポイントになりますね。

話はそれましたが。こういう土地の場合、たしかに、土地の良さを生かして西側に借景窓(家の中にいながら景色を楽しむ窓)を計画できると魅力的ですね。 とはいえ、ご質問者さんも言われている『西日問題』がはらんでいます。西側にひらけている場合の『メリットとデメリット』を知っておくと、土地購入後も納得して建物計画ができそうです。

 

 

一般的に好まれるのは、南向きの土地。

一般的に、南向き(南道路に面した)の土地は日当たりもよくて好まれる傾向です。そのぶん、東向き・西向き・北向きに比べると、南向きの土地は価格が高い傾向です。

 

 

『西向き土地』のメリット

土地

  • 玄関位置の自由度が高い。
  • 南向きの居室が確保しやすい。
  • 日照条件は、比較的よい。
  • 道路から玄関までが短動線になる→ お庭代を圧縮しやすい。

 

 

『西向き土地』のデメリットと改善提案

グリーンカーテン
グリーンカーテン
  • 東(朝日)や南からの日照が確保しづらいことも。
    →プライバシーに配慮しつつもも積極的に窓計画を。or天窓計画。
  • 西日がきついので、窓計画に配慮が必要。
    →LOW-E反射窓やシャッター、グリーンカーテンを採用。
    →カーテンは紫外線劣化するため、交換前提で安価に。窓面積は小。
  • 外壁の色あせが、他三面外壁と比べるとに早い。
    →メンテしやすいシンプルな外壁形状へ。長寿命な塗料を選択。
  • 直射日光が当たりやすいので、庭樹は限定的。
    →直射日光への耐性がある樹木を選ぶ。(例:オリーブ

とくに、真夏は想像以上に猛烈な直射日光が窓から家の中へさしこみます。 とはいえ、そのほかのシーズンは、意外にも夕方を避けると心地よい光が差し込むので、西日は日照上は決して敵とは言い切れないんですよね。

 

 

100点満点の土地は…ない。

土地探し
土地探し

西向きの土地に限らず、100点満点の土地というのはないものだとカクゴしておくと、肩の荷が少し軽くなると思います。 とはいえ、何年もかけて土地を探される方もいますので、何が正解かは言い切れませんが。

優先順位を考えたときに、何か大事なのか?

  • 住所・広さ・方角・道路幅・価格
  • 駅や主要道路への交通の利便性
  • 学校施設までの距離
  • 商業施設や病院までの距離
  • 隣保や自治会の雰囲気

 

上記を理解した上であって、『西向きの土地を買いたい』だったり、今回の質問者さんのように、『借景が良いので西側に窓を!』と言われたら…

その時わたしは、『建築上、出来る限りの不快を取り除く』ことは提案していきたいですね。 ものごとは、視点を変えると宝にも見えるし、残骸にも見える。 解釈次第で、生きていきやすくなるものですね。

東沙織

 

 

今日の記事を読んだ方へオススメ記事

土地探しは、全条件パーフェクトではなく、受け入れられるかが大切◎

相場よりも少し安い『細長い土地』を購入するときの留意点。

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

友だち追加
↑ こちらを押すと、ひまわり工房が登録できます。

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中