オープンか、クローズか。キッチンの横の腰壁の考え方

キッチンの見え方と心理的ストレスについて考えている、わたしです。ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(暮らしの設計士)東沙織です。

『キッチンの腰壁』といって、通常はキッチン台から10cm以上の立ち上がりを計画することが多いです。キッチンをぐるりと囲むように作るアレです。↓写真参考に。

キッチンの腰壁

キッチンの腰壁

 

 

前提として、キッチン高さの目安

キッチン腰壁高さの『ひまわり工房標準仕様例』では、
キッチン高さ(ex.85cm前後)
+立上り(ex.15cm)
+笠木(ex.2.5~3cm)
=⇒約103~110cmになることが多いですね◎

キッチンの腰壁

キッチンの腰壁

☝極力、キッチン作業を隠すような配慮→キッチン横に腰壁アリ

 

 

作業する手元が隠れる、キッチン腰壁高さとは?

立上り(ex.15cm)といって、キッチン腰壁をつくるときにこの部分(立上り)を高くすればするほど、作業する手元が隠れます。
とはいえ同時に、圧迫感というのも生まれてしまう。

キッチンの腰壁

キッチンの腰壁

わたしの感覚ですが、立上りが15cmを超えると圧迫感が生まれがちだなと感じます。

とはいえ、その点を納得されたうえであってお皿の受け渡しだけなら、15cmより高くても問題ないかもしれません。上げ下げ作業をシミュレーションしてみてから決めるのが良いですね◎

 

 

ちなみに。キッチン横に腰壁を作らない事例

キッチンの腰壁ナシ(キッチンメーカーのエンドパネル仕上げ)

キッチンの腰壁ナシ(キッチンメーカーのエンドパネル仕上げ)

キッチンの腰壁ナシ(キッチンメーカーのエンドパネル仕上げ)

キッチンの腰壁ナシ(キッチンメーカーのエンドパネル仕上げ)

キッチンの腰壁ナシ(キッチンメーカーのエンドパネル仕上げ)

キッチンの腰壁ナシ(キッチンメーカーのエンドパネル仕上げ)

※キッチンメーカーの「エンドパネル」という1cmくらいで薄い仕切り材で仕上げるのが特徴的。

これらの事例写真は、階段&洗濯動線と重なるので、人が歩くための広さを配慮 するために、キッチン横に腰壁を計画していません。こういう選択肢もアリなのですよ~◎

 

 

大切なこと、おまとめ

  • 手元を見えないようにするためのキッチン腰壁の目安は、立上り15cmがあるかどうかがポイント。
  • キッチン横に腰壁があると、キッチン作業を隠すように配慮できる。
  • 一方で、隠す事だけが正解ではなくて、動線な重なったり別に配慮が必要であれば、キッチン横の腰壁は『ナシ』という選択も◎

 

東沙織

東沙織

見た目、見られた感、動線、様々な要因が重なる部分なので、ぜひ先入観を取り払って考えてみたいですよね(*‘∀‘)

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram
友だち追加
↑ こちらを押すと、ひまわり工房が登録できます。

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中