お風呂の『扉』の選び方を、伝授します◎

お風呂の扉について考察したい、わたしあずです。
こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(暮らしの設計士)東沙織です。

 

 

お風呂の扉とは

お風呂の扉って、いったい何が使い勝手いいのか…よくわからんものだと迷走されることが多いですね。

お風呂 折れ戸
お風呂 折れ戸

▶︎▶︎お風呂の扉とは?

①折れ戸
②ドア
③引戸(1枚戸、3枚戸)
おおむね、このどれかになります。

 

 

お風呂『折れ戸』の留意点

お風呂 折れ戸
お風呂 折れ戸

⚫︎将来入れ替えの際も、コスト安◎
⚫︎開け閉めに場所とらない◎
⚫︎開け閉めに独特の操作音が…
⚫︎もっとも壊れやすい扉とも言われる

 

 

お風呂『ドア』の留意点

お風呂 ドア
お風呂 ドア

⚫︎コストは折戸と引戸の間くらい△
⚫︎ ガラス製の場合はコスト高
⚫︎使いやすさ良し◎
⚫︎開け閉めに場所をとる

 

 

お風呂『引戸』の留意点

お風呂 引戸
お風呂 引戸

⚫︎開け閉めに場所とらない
⚫︎段差もほぼなくバリアフリー
⚫︎コスト高。やばみー。泣)
⚫︎脱衣室側に引き込むので、スイッチコンセント、タオルかけ類が壁につきにくい。
⚫︎引き込む時に、脱衣室側でほこりがたまるのでそうじが…タイヘンかも。

 

 

大切なこと おまとめ…

①お風呂の扉は、おおむね3種類あるね。
②将来コスト/使い勝手/掃除 どこ優先する?
③扉の部分だけではなく、俯瞰して考えると、答えが見えてくるかも。

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中