家づくりは『ちょっと待った!』がききにくいこともある?!

家づくりには時間がかかることを伝えたい、わたしあずです。こんにちは。ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(暮らしの設計士)東沙織です。

今日は、家づくりに必要な『時間』を紹介していきますね~!

 

 

「家の東と西のまどりを反転できます…か?」

(お施主のhさまとの計画初期のできごと。) そう言われたのは、建築確認申請を提出しようかと思っていた ちょうどそんな頃でした。 新規分譲地あるあるなのですが、お隣にどんな建物が建つか わからないんですよね。 特に、住宅専用地域ではない場合、コンビニが後から建つ可能性もあるし、大豪邸が建つ可能性もある。

前述の質問をうけた頃、ちょうどお隣土地が 二区画まとめて買われたということで、[後々どんな建物配置になるか]が急遽新たに予測できたのでした。

お隣にどんな建物が配置されるかは…わからない

通常、お隣にどんな建物が配置されるかは…わからない

正直なところ、ここまでの申請作図が用無しになるので、心の中では…『なななんとぉ…?!』という動揺を覚えたりもしました。

とはいえ、お施主のtさまにとってみれば最初で最後の家づくりかもしれない。カクゴもじんじんと伝わるものがありましたから、 『よし! 建物間取りを反転させよう!』と一致団結したのでした。

あわせて、書類作図に時間を要するため、建築工期が数週延びる可能性があることもお伝えをしました。

 

 

建築確認許可後の変更は、計画の変更費用と時間が必要

一般的に、どの住宅会社さんで家を建てても同じなのですが、建築確認許可後の建築計画変更には、『計画の変更届』が必要なのです。

例1)柱壁を伴う「間取り変更」は、変更費用高し&要時間
例2)「窓」の微々たる位置移動は、変更費用安し
※軽微な変更除く

建築確認申請提出前の場合のみ
計画の変更届や 届けに伴う費用はいらないのが一般的です。

 

 

打ち合わせ時間には、少しのカクゴが必要

通常、専用住宅ご依頼時の打合せ時間は、約30時間を予定しています。(下記の事例参考)

【例:専用住宅Aさま】
①初来店~ご契約前:15時間(各回1.5~2時間程度)
②ご契約~引き渡し:15時間(各回1.5~2時間程度)

 

f63cd61bf4471e23fbed3a7ba796db22_s

出産と重なる方も多いですね

また、ほかの施主さん事例ですが、[妊娠出産時期]と重なることを懸念されるかたもいます。「両方を同時進行するための心の余裕が…。」と言われることもちらほら。

家づくりは一度進行しはじめると『待ったがきかない』ことが多いです。 家づくりを念頭におきはじめてから1年間は、[打ち合わせや家族会議]といったことのためにも 時間的余裕は大切だとわたしは思っています。

とはいえ、現実的にはみなさんなんとか時間をつくりだしてくださっていて…ありがたみの極みです。泣)

 

 

長雨で延期することもある

基礎工事、地盤改良工事、上棟、外壁塗り仕上げ、防水仕上げ、壁紙仕上げ、外構工事などなど。 長雨が伴うと、継続して工事ができないこともありますね。

52db5a2fe4098d5a217eaee85c894bf8_s


雨天で工事が進まないこともある

限られた工事期間を守りたい思いとはうらはらに、[6月/9月]の工事は、1日に何度も天気予報をチェックして 各担当者と工事予定をすりあわせていきますね。

どうしても記録的大雨や長雨、大雪などで工事が立ち往生してしまう場合、契約約款にもある通り、工事の延期を施主さんに求めることもあります。

お天道様に感謝って、本当にそういえますよね。

 

 

大切なこと、おまとめ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

①家を建てたいと思い立ってから1年は、時間のやりくりが大変かも

②時間と心の余裕をもっておいたほうが 良き◎

③施主側/施工者側/天気 様々な要因で工事が遅れることもある

④「ちょっと待って~」の場合は、何事も遠慮せずにお声がけくださいね~♩ 解決方法をみつけてゆきましょ◎

 

ひまわり工房の家

出来る限り、むりなくアテンドさせていただきますゆえ~!

 

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

友だち追加
↑ ここを押すと ひまわり工房ページです。
フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。