2階キッチンってどうなの?(答えますね♩)

2階キッチンの良し悪しについて考える、私あずです。

ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(広報 設計士)東沙織です。

先日、instagram内で『2階キッチンって、正直どうなんでしょうか。』という質問がありました。今日はこの質問に答えてみますね。

今回は、我が実家(築22年)に基づく解説につき、リアルをよりお話できればと思います。

◎2階:3LDK+物干しバルコニー
◎1階:浴室、営業店舗(現在居住空間)

 

 

では、『2階キッチン』まずメリットから。

2階キッチン

  • とにかく開放的。道路を歩く通行人から見られている感がない。
  • 窓の配置にもよるけれど、隣家と距離が空いていたら、よりいっそう開放的。パンイチでもOK?!
  • 隣家と距離が空いていたら、よりいっそう窓からの光が入りやすく明るくもなる。
  • リビングダイニングももれなく2階になるので、計画次第ではLDK全体が明るい。デッキと連動した動線だとさらに光の恩恵を受けやすい。
  • 『2階キッチンの暮らし』にはやはり重厚感を感じる。笑)珍しいからでしょうかね。
  • 冬場は暖気が2階へと上がっていきやすいので、全熱交換換気などを強制的な換気システムを採用しない場合でも、2階が暖かさの恩恵を受けやすいね。あっ、同時に一般論では、夏の2階は暑くなりやすいです…。汗

 

キッチン

 

 

 

つづきまして、『2階キッチン』デメリットこちら!

fullsizerender_4

 

  • 築22年。家族みんな年を重ねていくと、やはり階段の上り下りがつらい。買い込みした食料品を抱えて2~3往復するのが…筋トレに感じてくる。プラス思考に考えてみる?!
  • 来客が来ても、すぐ降りられない。(申し訳なくなります…。)とくに…宅配便が来て玄関ドアをあけた瞬間「代引きなんです~!」といわれた瞬間の……。笑)
  • 急いでいる時になぜか忘れ物。「あれ、炊飯ボタン押したっけ?」とか、「冷蔵庫開けっ放しでは?」とか。こんな時がつらい。( ノД`)
  • 経年劣化で漏水したときが怖い。天井のシミでわかった時には、悲しいかな、もう手遅れの場合が多い。→築10年超えたら一度点検してもらうのがオススメ◎
  • なにせ、1階で済むべき工事をわざわざ2階でやるのだから、配管も長くなったり、階をまたぐところに開口が必要だったり、初期投資が割高
  • お風呂や物干しが別階にあると、家事動線が長くなりやすい。(ちなみに、我が家のお風呂は1階。)
  • 意外と盲点なのが、ごみ処理の問題。ゴミ出しも決して、ラクではないです。涙) ゴミの日までに溜めておける場所を[腐敗しにくい北側屋外物置]として計画するか、室内の臭いがこもりにくい場所に計画するといいね。

IMG_3188

 

 

 

『2階キッチン』が正解なひとたちもいる。

2階キッチン

なぜかわたしは、日頃のデメリットが意識先行しがちですが…ですがね、2階キッチンを正解とするひとたちも一定数いるのです。それは

  • 『完全分離型の二世帯住宅』を理想とされる家族
  • 『敷地面積10~20坪とかの狭い敷地』に住まざるを得ない家族
  • 『1階部分に営業店舗、2階以降に居住スペース』を優先される家族
  • 『50坪未満の敷地のなかに、ビルトインガレージ』を希望する家族

これらの方は、専用キッチンを1階に置きたくてもおけない場合が多いんですよね。なので、、、、

 

2階キッチンは、成り立つのですよ~。

歯列矯正

どこまで許容できるか、

どういう優先順位をつけるのか。

それによって、答えはおのずと導かれていきますね。

 

調べる

 

 

 

1月16日までスタッフを募集しています。

↓設計アシスタント兼保育士募集↓

★スタッフ募集くわしくはこちら★

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
こちらで更新中〜!

ひまわり工房 Instagram
東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter

友だち追加
↑ こちらを押すと、ひまわり工房が登録できます。

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中