引戸は、意外といいこと多し。でもねヽ(・∀・)ノ

こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(広報 設計士の)東沙織です。

将来年老いたときのために 引戸にしたいんですけどー。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

って初めての家づくりの方からよく リクエストをいただきます。

そのあたりのお話を書きますね。

 

 

でで、なぜ引戸が魅力的なのかと言いますと。

⚫︎有効面積(実際に使える床の面積)が増える

⚫︎向こう側の人と衝突しない

⚫︎物をたくさんもってても開けやすい(特に玄関は言えるなー♩)

(・ω・)ノ

 

insta3

 

でもね、引戸は、ちーとばかり高いのです。

大工さんの造作も少々手間がかかるしね、そりゃそのはず。(;_;)

 

コストアップにはなるからね、

場所を絞って引戸を採用するといいかも(๑・̑◡・̑๑)

例えば、子供部屋を4.5帖にしたならば、引戸にして有効面積を増やしたり。

 

あるいは見た目はちょっとドアよりもシブイですが、玄関を引戸にして幅広で奥行き浅めの 玄関ポーチにしたりとか。

ねっ(・ω・)ノ

玄関引戸

ここで大切なのは、何を優先順位高くつけるのか◎

そりゃ、家じゅう『引戸 』にしたいのはよーーーーくわかります。けれど、間違いなくコストアップになる。笑

(・ω・)ノ

 

 

大切なこと おまとめ…

おすすめは…

①よく使う場所だけ引戸にする

②小さい部屋だけ引戸にする

③将来、引戸へのリフォームができる下準備だけしておく。

⬇︎

⬇︎

⬇︎

引戸にするところ…例えばリビングだったら、

『デザインガラス』にしてもかっこいいよね。

私と建具屋さんイチオシのガラスも勝手にオススメです♩

引き戸

 

家族の思いいっろいろあるからねー!

悩まれたら相談してくださいねー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
4月下旬、構造見学会 at赤穂市 開催します〜!
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。