30坪台のマチナカ狭小土地か、田舎の広め土地か。土地探しについて(質問に答えます)

土地探しについて考察したい、わたしあずです。
こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(暮らしの設計士)東沙織です。 今日は、『土地探し』への質問に対して、わたしなりのアンサーブログ(考察)です。

※マンションというよりは、一戸建てを事例に挙げてまとめています。

 

土地さがしについて、質問いただきました。

土地探しの質問

土地探しの質問

要点をまとめてみました

✔ 33坪くらいの小さめな土地に駐車場つきで建築はできる?

✔ 田舎の広い土地にイメージ通りの家を建てるか、
学校を変えずに狭い土地を選ぶか。迷っている。

 

 

 

土地面積30坪台(いわば狭小土地)での建築経験、あります。

ひまわり工房としての結論を言うと、30坪台での建築経験は…あります。 狭小の場合、ほぼな確率で3階建て申請(1階は鉄骨造の駐車場で2階以上は木造)となることが多いですね。

とはいえ、わたしたちひまわり工房がある地域は 人口約3万人の田舎。あくまで、狭小土地での建築よりも土地面積40坪以上の 木造2階建て(床面積30坪前後)が得意な工務店です。 なので、今日のブログでは、「狭小土地いいよ~いいよ~」という一方的な視点だけではなく、狭小の逆事例として『広めな土地』も比較しながら 冷静に両者をまとめてみたいと思います。

土地探しの質問

土地探しの質問

 

 

 

『田舎/広い土地』に家を建てる 特徴

広い土地

広い土地

  • 駐車スペースに悩む心配が ほぼなくなる。
  • 土地整備費用(先行外構費用)に注意。
  • 田舎の中には[市街化調整区域]というエリアが存在していて、家を建てる前の調査や審査に半年近くかかることもある。
  • イメージに近い家を建てやすい◎
  • 将来、土地の一部を文筆(土地の切り分け)をして、子どもに譲ることも考えられる。
    増築も考えやすい。
  • お隣さんと密接していないぶん、多少大胆に過ごせる。笑

 

 

 

『マチナカの慣れた土地/狭い土地』に家を建てる 特徴

土地探し

土地探し

  • 駐車スペースは、自分の敷地内に確保するか、月極を借りるのか。
  • 家の形状は、土地形状を生かすように意識。
  • セットバック(接する道路が狭くて自分の保有土地が削られること)が必要かどうか。
  • 採光(外からの光)は確保できそうかどうか。
  • 住宅密集地の場合、高さ制限などで思うように建築が可能かどうか。
  • お隣さんには 音や光や臭いに配慮しつつ過ごすことも大切に…◎

 

 

 

優先順位をつけると答えがみえてくるかと

大切なことおまとめ

  • 慣れた地域は、確かに生活しやすい。
  • 広い土地は、確かに自由が多い。
  • お隣さんへの気遣いも視野に入れつつ 土地探し。
  • 土地代金以外に必要な 土地整備費用にも注意。
  • 3階建ては2階建てより… 高額です。泣)
  • 子育て中/子育て後/どの時代が 優先順位高めでしょうか?

土地探しについては 先入観って誰にでも何かしらあると思いますが、実際に、工務店の担当者が知る事実(過去の施主さんから聴く事実)を傾聴してみるのもいいのかもしれません。 もちろん、朝昼晩/平日休日のいろんな時間に該当土地を見られると、体感できることでもあるので、オススメです。

『土地探し』の段階から、良きパートナーを見つけてみると、その後の建築段階でのイメージがつきやすいと わたしは考えています^^

優先順位をつけると、答えは導きだされてゆきますね◎

 

 

 

『床面積35坪のおうち』 オープンハウスします

ホッと一人になれる空間が嬉しい。アイデアあふれる35坪シンプルモダンなお家

◆日時:2020年7月4日(土)、7月5日(日)
午前10:00~午後4:00(完全予約制)

◆会場:赤穂市上仮屋北(予約後に住所詳細お伝えします)

◆完全予約制です
☛「7月の見学会の予約をしたいのですが…とお電話ください。」
tel:0791-22-4771
(☎ スマホの方はタッチするとつながります)

 

■【子どもは未就学児で】まだ家族計画は不明確な方
■【家族の人数や変化】に対応しやすい家を望む方
■【シンプル・無印良品・北欧暮らしの道具店】どれかにピンときた方
■【家事ラク動線】ってどれほど便利なのか興味ある方
■【35坪の間取り】だと、どんな体感になるのか気になる方
■【50坪台の土地】だと、どんな感じで家が建つのか興味ある方
■【古い家の建て替え】にただならぬ希望を感じている方

■【遊び心やおもてなし空間】に興味がある方
■【ひまわり工房が建てる住宅】に興味がある方
以上の方には、ぜひ一度体感いただきたい…見学会です!

オープンハウス

オープンハウス

☞オープンハウス詳しくはこちら☜

.

.

.

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中