【収納アイデア】 有孔ボードはごちゃつくけれど、優秀な壁になる

有孔ボードについて補足しておきたい、わたしあずです。
こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(暮らしの設計士)東沙織です。

『穴がいっぱいあいた壁って、作れますか?』
というご相談も、ひまわり工房のお客さんからよくいただきます◎

いわゆる、#有孔ボード ゆうこうぼーど。今日はこんなおはなしについて。『収納アイデア』を 実例交えてお話します。

 

 

有孔ボードの特徴とか

有孔ボード
有孔ボード
有孔ボード
有孔ボード

 

⚫︎陳列棚や掲示板としても、幅広く使われている。
⚫︎均一に穴が空いているのが特徴的。
⚫︎専用金物を差し込むと、ひっかけ収納やらが作れる。
⚫︎45cm角面積に5kgくらいまでが ひっかけ可能目安(ひまわり工房の仕様の場合)。
⚫︎ひっかけまくると、ごちゃつくは課題点。汗

 

 

 

大切なこと、おまとめ

有孔ボード
有孔ボード
有孔ボード
有孔ボード

①有孔ボードという壁も存在する。
②選択する場所は、慎重に。
③開放的収納になるので、ごちゃつく前提で◎
④採用空間は、玄関、リビング、子ども室などなどもアリ◎
⑤見た感じ?コスト?暮らし方?面白さ?

何を優先するかも大切ですね( *´艸`)

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中