『アイデア豊かな人』が多い。それがひまわり工房のオーナー的特徴なのかも◎

『こうするともっと使いやすいかな?』『二刀流で使えるかも!』なんていうアイデアを常に考えている、わたしあずです。

こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(暮らしの設計士)東沙織です。 日常の常識に常に疑問をもちながら過ごしていると、日々いろんなアイデアが浮かんできます。 これは、ひまわり工房の施主さん(オーナーさん)にも共通していることが多くて。今日はそんな施主さんにまつわるお話です。

 

 

アイデア深いひと、yさま

「こうしてみたら、どうでしょう?」そんな疑問を、建築中もたくさん発案・案出ししてくださったことが すでに懐かしい思い出。 先日は姫路市のyさま宅を訪問していました。

この日、そのまま姫路の別現場へ向かう現場監督あずいもと一緒に同行。

いつ訪ねても、どんっと屋根すそ広がるこの外観に 安心感を覚えます。個人的にもグッとくる外観の1つです。

三角屋根が特徴的な、和モダンのおうち
三角屋根が特徴的な、和モダンのおうち

↑この写真は施工直後ですが、いまはお庭もできて綺麗さっぱりと整っています。(その写真をとればよかった~!汗)

 

 

ひまわり工房のお施主さんの特徴とは…

一言で、『アイデア人』なことが多い もっというと『アイデアに興味がわく人』『アイデアで日常をアップデートするのが好きな人』が多い。そんな感じがします。

yさん宅を訪ねた時に、来客席に着席させていただきました。 はじめは何も考えずに座っていたのですが、立ち上がって帰ろうとするときに、ふとスムーズに立ち上がれる感覚がしたんです。 ダイニングのいすが、くるりんっと回転するではあ~りませんか~!笑)

いすを引いたり入れたりという1アクションが軽減される 快適さを実感。

こういう点以外にも、サンルームの驚くべき快適な使い方を熱く!熱く解説していただけたり。わたしたちにも勉強になることばかり。

またこうして、日常のアップデートを勉強させていただきたいものです。

 

 

 

日常を面白がる人

日常のなんでもないことを、あえて疑問視してみること。洗濯アイテム1つ。毎日座る椅子1つ。ラグ1つ。棚の高さ1つ。

こうして、日常を面白がってアイデアでアップデートする人たちを、これからも応援し続けてゆきたいなと そんなことをおもうわたしなのでした。

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中