階段には、小窓を少々。そのわけは?

階段についていろいろと考えている、私あずです。

ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(広報 設計士)東沙織です。

今日は、階段にある『窓』について、まとめてみますね~!本来なら、階段に窓ってもったいないようにも感じる…。 とはいえ、小窓を少々計画するメリットもあるので触れますね♩

 

階段に小窓を少々の特徴

階段に小窓
階段に小窓
階段に小窓
階段に小窓

⚫︎日中は電気いらずになる。

→真っ暗な階段の入り口は…少しツラいね。
→一応明かりも確保できるように、照明位置も大切。

 

⚫︎季節のいい時は風をとりこめる。

→ただし、外からパジャマ姿が見えるとアレなので、かすみガラス(すりガラス)にしてるほうが良い場合あり。
→外から窓越しに…我が家がどういう風に見られるかも大切やね。

 

 

ちなみに、こちらのブログもオススメ

https://azumasaori.com/himawarikobo/archives/5999

 

 

 

階段の種類が知りたい方は、こちらのブログもオススメ

https://azumasaori.com/himawarikobo/archives/5241

 

 

おいでませ、ひまわり工房へ~!
おいでませ、ひまわり工房へ~!

すべて、暮らしのヒアリングをもとに決定しています。 まずは、お気軽に無料相談会へお越しくださいね~~♩

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

友だち追加
↑ ここを押すと ひまわり工房ページです。
フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。