お天気がよくなくても、上棟式はやるのですか?(私→お答えします)

こんにちは!ちょっと楽しい家づくり ひまわり工房(広報 設計士の)東沙織です。

明日は、上棟式。しかーーーし、ここにきて悩み勃発。

明日のお天気は雨のち晴。

雨のち晴。。。

雨のち晴?!!!!

 

IMG_3107

晴れと雨の共存って、

どういうことなのーーーーーー?!

・゜・(ノД`)・゜・

驚きで髪まで逆だってしまいました。(※いえ、たんなる湿気とくせ毛です。)

 

 

前日午前中までに、お施主さまと最終確認します。

こういう天気予報の場合、お施主さまへは、前日午前中までにご相談させていただきます。

当日応援に入ってくださる職人さんもいらっしゃるので、延期するならこのタイミングなのです。。・゜・(ノД`)・゜・

●降雨量や雨雲レーダーなどの数値に基づく見解

●過去の事例(小雨決行した現場での配慮など)

こういったお話をした上で、『最終的にどうされますか?』をお聞きしています。

 

 

あとは、

上棟式

おかめさんを準備して祈願したり、、、

sun

星野源のSUN(太陽)をひたすら聞くに尽きるでしょうか。(※私の場合)

 

 

もし警報レベルのお天気や 材料や人の安全に配慮できないような天気の場合、

やむなく当日決行できないケースもあります。

そんなときは、吉日ということもあるので、大一本目の大柱のみ建てさせていただくこともあります。

もちろん、ご相談させていただいた上で実行しているので、ご安心くださいね。

 

 

 

 

暮らしのことなら! 
有限会社ひまわり工房へ 
💌info@himawari-kobo.net
📞0791-22-4771
『家のことで相談したいのですが…』とお伝えください。

あず活動予告♪
6月、完成見学会 at赤穂 開催します〜!
詳細情報は、こちらで更新中〜!

東沙織 Facebook
東沙織 Instagram
東沙織 twitter
ひまわり工房 Instagram 

フォローはゆるっとお気軽に♪

投稿者プロフィール

東 沙織
東 沙織
1988年生まれ。相生市出身。有限会社ひまわり工房取締役 広報&設計担当建築士。幼い頃からものづくりが好きで、武庫川女子大学で建築を学ぶ。並行して、西宮市船坂地区の築200年古民家再生プロジェクトに携わる。気づけば茅葺き民家に夢中になり、『茅葺き女子』と呼ぶように。この体験が私の住宅設計の原点。朽ちる中にも『美』を感じるものが好きで、私もそんな人生を築きたいと思う今日この頃。休暇はもっぱら島&村旅計画。2017年からDIYワークショップ(イベント出店型)始めました。

■instagramにて、『暮らしのアイデア』毎朝投下中
■instagramLIVEにて、『暮らしの質問』毎週金曜22:00に解説中
■LIMIAにて、『暮らしづくりのレシピ』執筆中
■LINE LIVEにて、『建築学生応援ラジオ』配信中
■YouTubeにて、『声で聴くブログ あずの車窓から』配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。